IASBがのれんの会計処理と開示に関するDPを公表

名古屋の公認会計士・税理士の児島泰洋です。

IASB(※)が2020年3月19日にのれんの会計処理と開示に関するディスカッションペーパー(以下、DPという)を公表しました。

Discussion Paper DP/2020/1
「Business Combinations – Disclosures, Goodwill and Impairment」
IASBのサイトへのリンク

今回はこのDPの概要であるSnapshotの内容について解説させていただきます。

(※)International Accounting Standards Board、国際会計基準審議会
国際的な会計基準であるIFRS(国際財務報告基準)を開発する機関

目次
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
①目的
②IASBの予備的見解

③まとめ
④今後の進め方

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【①目的】

企業が他の企業を買収したときの従来の会計基準(IFRS第3号「企業結合」)について、IASBが基準利用者に対して意見を求めたところ、以下のような問題が寄せられました。

IASBは上記の問題に対処するため、新しい会計基準を開発するための議論のたたき台となるDPを公表し、意見を求めることにしました。

【②IASBの予備的見解】

上記の問題に対するIASBの予備的見解は以下の通りです。

上記の関係者の懸念との対応関係は以下の通りです。

IASBの予備的見解は現行の会計基準を大きく変えるわけではありませんが、投資家が求める情報の開示と、実務家が求める減損テストの簡素化に配慮した内容となっています。

予備的見解①について

投資家は経営者がいかにうまく買収を実行し、その後どれほどの成果を上げたのかという情報を求めています。しかし、従来の会計基準はそのニーズには答えていませんでした。

そのため、IASBは買収の目的と当該目的が買収後どの程度達成されたかに関する情報を企業に開示させようとしています。

ただし、企業のChief operating decision maker(最高業務意思決定者)が買収した事業に対して行うであろうモニタリングの方法を尊重して、当該方法によるモニタリングの情報を開示することとしています。

予備的見解②について

Ⓐ減損テストをより効果的にできるか?

減損テストについては2つの問題が指摘されており、これに対するIASBの見解は以下の通りです。

Ⓑのれんは償却すべきか?

IASBは話題となっていたのれんの償却には消極的な姿勢をとっていて、今までどおり減損テストのみを行うアプローチを維持すべきであるという見解をとっています。

なぜなら、のれんを償却することが重要な改善につながることを認めざるを得ないような証拠はないからであるとしています。

なお、のれんの償却と減損テストをそれぞれ支持する主張は以下の通りです。

Ⓒ減損テストを簡潔にできるか?

IASBはこの問題に対しては以下のような肯定的な見解を示しています。

①のれんの減損の兆候がなければ、毎年度の減損テストは求めない。ただし、そのような兆候が存在するかどうかの評価は求められる。

②使用価値の見積りにあたっては、以下の通りとされました。

・確約のない将来のリストラまたは資産の増強からのキャッシュフローを含めることに対する制限を取り除く

・税引後の割引率および税引後のキャッシュ・フローの使用を認める

予備的見解③について

IASBはのれんを除いた純資産の金額をBS上に表示することによって、のれんを投資家に対してより際立たせるようにするとのことです。

企業結合のときに認識されるブランドなどの無形資産については異なる見解があるものの、IASBはその範囲を変更する納得感のある証拠はないとしています。

【③まとめ】

IASBの予備的見解をまとめると以下の通りです。

【④今後の進め方】

IASBはDPに対するコメントを2020年9月15日まで募集しています。

その後、IASBは受け取ったコメントを検討し、公開草案を開発するかどうかを決定するとのことです。

以上

JIM ACCOUNTING
代表 公認会計士・税理士 児島泰洋

 

お問い合わせは以下のフォームからお願いいたします。

【告知】メルマガ始めます!

こんにちは。

公認会計士・税理士の児島泰洋です。

JIM ACCOUNTINGという屋号で会計事務所を営んでおります。

当事務所がどのような価値を生み出し、企業のお役に立ちたいかをお伝えするためにメルマガを始めることを予定しております。

第1弾のメールマガジンは今話題の「働き方改革」をテーマにさせていただきます。

どうかご期待ください。

ご興味がございましたら、以下のフォームからお申込みください。👇

特典などもご用意させていただく予定です。

お知らせ

※過去のエントリーを随時復活中です。

2019/12/18

 

たいへん申し訳ありませんが、いったんすべての投稿を非公開にさせていただきました。

内容を見直した上で、順次公開させていただきます。

JIM ACCOUNTING

2019/8/18

当事務所の経営指針をアップしました

ホーム画面に当事務所の経営指針をアップさせていただきました。ここではそこに込めた思いをつづらせていただきます。

【ミッション】
当事務所のミッションは中小企業を元気づけることです。
私は公認会計士として会計監査に携わっているうちに、監査で得たスキルを監査以外で広く活かせないものかと考えるようになりました。
監査は自ら集めた確かな証拠から合理的に結論を導くプロセスを何度も繰り返しながら、最終的に財務諸表が適正であることを証明します。監査の過程で会社の業務プロセスの課題や財務諸表の誤りが見つかれば、どのように是正すべきか検討し指導するといったコンサルティングのようなこともさせていただきます。
ところが、監査は基本的に上場企業グループだけに対して行われるものであり、公認会計士は監査だけをしている限り、99%を占める中小企業に対してはサービスを提供する機会がほとんどありません。これはとても残念でありもったいないことだと思っていましたので、自分は早くから監査以外の領域で、中小企業経営者のためにスキルを発揮したいと考えていました。その思いが今のミッションにつながっています。

【ビジョン】
当事務所のビジョンは経営改善および業務改善の指導をメインとした会計事務所になることです。
特定の分野に絞るのは当事務所の強み、すなわち内部統制評価のアドバイザリーによって得た「業務の見える化」と「課題の発見・解決」のスキルを最大限に発揮するためです。
当事務所は経理部門のアウトソース先としての会計事務所とは一線を画し、経営者の参謀的な役割を果たすことを目指していきます。

【バリュー】
当事務所のバリュー(行動基準)は以下の3つです。
①経営者とともに未来に向かって走る
②クライアントの理解を前提として提案する
③その場限りの改善ではなく仕組み自体の改善を提案する

①について。経営者は過去がどうだったかよりも将来に向かって今どうするべきかに関心があります。とはいえ、当事務所も将来を完全に見渡せるわけではありませんので、経営者といっしょに走り(考え)、未来のありたい姿にたどり着くためのサポートをしたいと考えています。

②について。当事務所はどこからか拾ってきた事例を単にお客様にあてはめたり、その場での短時間の思考で反射的に提案することはしません。それではお客様がどんな会社であってもおかまいなしになってしまいます。そうではなく、まずお客様の状況を正しく理解した上で、お客様にあった対応策を提案させていただきます。

③について。経営や業務におけるさまざまな課題は人の問題として捉えるのではなく、仕組みの問題としてとらえなければなりません。特定の人の性格やスキルなどにたよった経営や業務の遂行は人の異動や退職などによって失われる可能性があり、また品質や方法が安定しないという問題があります。つねに仕組みの問題として捉え、仕組み自体を改善していくことによって特定の人に依存せず、組織またはチームとして経営や業務を安定的に行うことができます。

事務所移転のお知らせ

2019年2月1日より以下の場所に事務所を移転させていただきました。

名古屋市名東区高社一丁目263番地 一社中央ビル4階

名古屋市営地下鉄東山線の一社駅の北改札口をでて、一社の交差点を西側に渡るとB&Dがございます。B&Dをそのまま進むとすぐ隣に一社中央ビルがあります。(改札を出てからの所要時間は2分程度です。)

扉の奥のエレベーターで4階に上がり、一番奥に進むと当事務所がございます。

事務所のロゴが完成しました!

当事務所の理念を視覚的に表現したロゴをデザインしていただきました。
ペーサー(当事務所)がランナー(経営者)に並走し、ともにゴールを目指す姿を表現しています。
同時に当事務所の頭文字Jをふたつ重ねたデザインになっていて、山(トレイル)のようにも見えるデザインになっています。

当事務所はペーサーとして経営者につねに寄り添い、ゴールにたどりつくために必要な情報、気づき、アドバイスそして勇気を与えていきます!

サイトを開設しました!

JIM ACCOUNTINGのサイトを開設しました。
児島泰洋公認会計士・税理士事務所が運営していきます。

旧サイトより順次移行、拡張していきます。
なお、旧サイトは以下のアドレスからアクセスできます。
https://cpa-kojima.amebaownd.com